腸内デトックスの効果・効能・有効性

ベントナイトの話プロバイオティクスの話を書いたので、そもそもの腸内デトックスとは? ってのをもう少し掘り下げてみようかな?と思いました。

デトックスとは?

そもそもデトックスとは何?ってのを改めて。

  • 夜寝ようと思っても、なかなか眠れない。眠りが浅い。
  • すぐに疲れる。なかなか疲れがとれない。
  • 便秘、下痢気味。
  • ダイエットを頑張っていても、全然体重が減らない。
  • 原因不明の頭痛が頭痛がすることがある。
  • スキンケアを頑張っていても、肌がキレイにならない。

これといった病気でもないのに、こういう不調がある場合は、体内に溜まった毒素が原因であることが多いです。

体に有害な重金属とは?

普通に生活をしていても、毒素は自然と溜まっていきます。体の調子の良いときは、自然に排便で排出されるのですが、排出機能が衰えると、体内に溜まっていってしまいます。

*3大有害ミネラルは、水銀・鉛・ヒ素
水銀:ダイエットの大敵
鉛:生活習慣病の原因。動脈硬化の原因。
ヒ素:美肌の大敵。シミ・色素沈着の原因。

また、いまだと放射性物質も気になりますよね。

腸のデトックスで得られる効果

  •  体臭、口臭など気になる臭いが減少する
  • 舌の白いコケやネバネバの解消
  • オナラやお腹に溜まるガスが減少する
  • 溜まったガスが解消されることにより、ポッコリおなか解消
  • 膿、炎症がなくなり、生命機能の活性化、免疫機能の強化
  • 皮膚の再生治癒力が高まり、ニキビ跡、傷跡が治癒、シワが改善される
  • 皮脂の分泌過剰を抑える

アナタの腸年齢は大丈夫?

以下の質問の内、いくつ当てはまりますか?

  • 朝起きたときに体がだるく、やる気が起きない
  • 顔色がさえず、肌の張りがない。年令より老けて見られる
  • 朝食後に便意がなく、便秘気味。便の色が黒っぽく、においが臭い
  • 疲れやすく、風邪を引きやすい
  • 運動不足で肥り気味。駅の階段を駆け上がると息が切れる
  • 毎日のように肉を腹一杯食べ、野菜が嫌い。外食が多い
  • たばこを長年吸っている
  • 飲酒の機会が多く、つい深酒をしてしまう
  • 寝付きが悪く、睡眠不足がち
  • ストレスを解消できる趣味がない

3個以上~要注意!6個以上当てはまる方は、危険信号! 腸のデトックスをオススメします。

ちなみに、私は6個…ダメだね。早急に何とかしなくちゃ!

腸の働き

腸の働きには、様々なものがあります。

まず第一に、消化、吸収、排泄。この中で大切なのは、善玉菌の存在。普通に食べた食べ物を消化、吸収するのはもちろん、発がん性物質やウエルシュ菌・大腸菌などの悪玉菌を体外に排出する働きがあります。

次に、血液をつくること。これは、亡き千島喜久男博士や自然医学学会会長の森下敬一博士により提唱されている学説です。また、食物を摂って「血と成り肉と成る」と言い、漢方では「医食同源」と言うほど、様々なものが、腸で分解吸収されて、栄養となり血液となり身体の細胞の一つ一つに創生されます。

そんな中、最近の私たちの生活習慣や農薬等に汚染された食物、化学調味料などを摂取することによって、腸内汚染され、コレステロールの多い血液やどろどろした血液は、全て腸から始まっているのです。

最後に、腸は免疫力に関しても、大切な働きをしています。 腸内細菌は、ガンを初め、生活習慣病の予防や治療に大きな影響を与えています。

腸内には100種類100兆個になる凄まじい数の最近があり、その中の善玉菌、悪玉菌が勢力争いをしています。

通常善玉菌のほうが数が多く、悪玉菌を抑えていますが、生活習慣が悪いと悪玉菌が優勢になり、病気になってしまいます。

腸は第二の脳と呼ばれています

腸には様々な働きがありますが、これらは、脳や脊髄から独立して動いています。交通事故で脊髄を損傷し、脳死状態になったとしても、腸は正常に動いています。

最近の研究でも、アメリカの神経生理学者のマイケル・D・ガーション医学博士が、「セカンド・ブレイン=第2の脳」と言う本の中で、この事実を発表し話題になっています。ある日、脳に存在しているはずの神経伝達物質「セロトニン」が腸にもあることを発見し、さらには、体内のセロトニンの95%が腸で作られている事が判明しました。

腸は、心臓よりずっと賢く、豊かな感情を持っているのである。脳や脊髄からの指令がなくとも反射を起こさせる内在性神経系を持っている臓器は腸だけである。」と述べています。

このことからも腸をデトックスし、機能を正常化することは、健康美容に大きな影響を与えることが想像つきますね。

 


Leave a Reply

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください